共に園生活を送っている仲間たち

イメージ

1986年にトカラヤギのメリーとメーコを飼い始めて、今のヤギさんは何代目になるのでしょう。30年以上が過ぎ、ヤギさんがいる園として、親しまれてきました。新しい園舎になり、門を入るとすぐに、ヤギさんたちがお出迎えしてくれるようになりました。

登園時には、野菜の切りくずなどを持ってきて、ヤギさんやウサギさんに餌をあげてから保育室に入る子もいます。

遊びながら園庭の草を取り、ヤギさんたちに餌をあげる光景もよく見かけます。やっと一言、二言出始めた0、1歳児が草をちぎり「メーメー」と言いながらヤギさんに近づく姿は、とてもかわいらしいです。


子どもたちにとっては友だちと同じように動物も共に園生活を送っている仲間なのです。
動物を飼うことで、子どもの生活の癒しになったり、愛着の心が育ったり、生き物の動きや反応から不思議さや驚きを体験したり、また生き物とふれあうことで、命の大切さが育ちます。

今までに犬や羊、豚、ヤギが死んでいきました。
子どもたちは、棺の中を花でいっぱいに包み込み、
「今まで遊んでくれてありがとう。天国で見守っていてね。」
とお祈りをして見送ってきました。

イメージ

体力が落ち、しだいに歩けなくなり、食事もとらなくなり、息絶える姿を子どもたちに見せることは、残酷なような気もしますが、一緒に生活をしてきた仲間の「死」まで通してかかわることができることで、命の大切さを知ることにつながっています。