結果より過程を

阿久根めぐみこども園では「できた」という結果よりも、「やってみたい」という思いや遊びの過程を大切にしています。 楽しいな、嬉しいな、もっとしてみたいな、という気持ちが続くと、今までできなかったことがいつの間にかできるようになっていたり、結果がなくても満足できたりすることがあります。 過程を楽しめていると、難しいかも、できないかもで立ち止まらず、結果だけを気にせずやってみようと思えるようになります。

ごっこ遊びの先にある姿

阿久根めぐみこども園の保育では、あまり練習という言葉を使いません。
例えば、運動会では、「運動会ごっこ」を通して本番を迎えます。
「運動会ごっこ」ですから、「昨日は頑張ったけど、今日は走りたくないなぁ…」と思ったら、今日は見ているだけでもいいんです。
反対に、もっと走りたい子は、何回でも走っていいんです。
負けたから悔しい、けんかした後だから走りたくない、別な友だちと走りたかったと、走りたくないという子どもたちの理由はさまざまです。
めぐみでは、無理して参加するのではなく、安心して参加できる環境を大切にした保育計画を行っています。
どの子どもも、本番は緊張していたとしても、前後ではとっても楽しそうに過ごしています。

あこがれる

青帽子(年長児)がかっこよく演奏したり演技したりする姿を見て、小さな子どもたちは「かっこいいな」「自分もやってみたいな」とあこがれます。 高い木に登れる友だちがいたら、自分も登ってみたくなります。
一輪車に乗れる友だちがいたら、自分も乗ってみたくなります。
誰かにあこがれるというのは、「やってみたい」の原動力の一つです。