ケンカも学び 育ちのチャンス

~自分でコントロールする力を身につけていく子どもたち~

大人が頭ごなしに「仲良くしなさい」と教え込むと、一見その通りにするかもしれませんが、実は本当に理解してやっているわけではありません。

イメージ

大人の抑制でコントロールされてきた子は、その抑えられている力が弱まると、(自分でコントロールする力が育っていないので)「まさか」という行動に出ることがあります。

本当の意味での周りとの関係性を考えて自分をコントロールする力が育っていくには、ぶつかり合い、理解しあい、自分たちで考えて解決してきた経験が必要です。

イメージ

子どもたちは、友だちと一緒に過ごしていく中で、物の取り合いや思いの行き違いを必ず経験します。そして、とても嫌な思いや悲しい気持ちを味わいます。

でも、やっぱり友だちと楽しく遊びたいから、今度はどうしたらそんな思いをしないで済むか考えます。


大人がそんな育ちのチャンスを何も考えさせないで

「はいはい、ケンカはやめて」
「ごめんなさいは?」と

思ってもいない「ごめんなさい」を無理矢理言わせて、なかったようにしてしまうことは、育ちのチャンスを無駄にしてしまうことになります。

 ケンカを通して育つ姿

イメージ

友だちとの気持ちのぶつかり合いや葛藤が起きた時には、阿久根めぐみこども園の保育者は、すぐに声をかけず、距離を保ちながら、一部始終を見守るようにしています。
大概は気持ちをぶつけ合ったり、折り合いをつけたりして、自分たちで解決しています。

しかし状況によっては保育者が

「嫌な気持ちになったんだね」
「どうしたかったの?」
「○○かったんだね」
「△△ちゃんはどんな気持ちだったの?」

ということを尋ねたり丁寧に関わることで、自分の気持ちと相手の気持ちを理解したり、自分の気持ちを伝えたり、どうしたらお互いにとっていいのかを考えることができます。

イメージ

相手の気持ちに気づいたり、自分の思いを伝えて分かり合い、折り合いを付けて解決できた経験が、喜びや自信となって、少しずつ乗り越えられるようになります。

また、自分の感情や行動も少しずつコントロールできるようになります。そして、経験を繰り返してきた青帽子たちは(年長)よく話し合いをします。

その場に一緒にいた友だちが、間に入ってそれぞれに話を聞いてあげたり、その気持ちをみんなでまとめてお互いを納得させたり、自分たちで解決し、また上手く遊び始める姿をよく見かけます。
子どもたちの成長を感じることができる瞬間です。

ちいさなケガ

~自分でコントロールする力を身につけていく子どもたち~

子どもたちは遊びの中でいろいろな経験をします。
特に高い所に登ったり、狭い所に隠れたりするのは大好き。大人から見ると、ハラハラしてしまうことを喜んでします。

冒険心のある子は身体を身体を動かしながらチャレンジすることが大好きで、できるようになると、さらに難しいことをしたがります。

でも、その経験がないと「これくらいなら大丈夫」の感覚も育ちません。
阿久根めぐみこども園では、子どもの「したい」気持ちを大事にしながら、危険でない限り見守るようにしています。
ちいさなケガは、チャレンジの証と受け止めてあげてください。

ケガをする権利

ドイツのバイエルン州の幼児教育カリキュラムには「子どもはケガをする権利がある」と書かれています。ドイツの幼稚園に訪れた時、5歳児がナイフを使って昼食のパンを切っていました。左手の指を切らないか心配して「大丈夫か?」とその子どもに聞くと、「うん、ぼくは前にしたからだいじょうぶ」とケガの跡を見せてくれました。失敗をしながらこんなことができるようになったんだという自信あふれる言葉でした。

(せんりひじり幼稚園コンセプトブックより)