自然とふれあう

~土・砂・水とあそぶ~

阿久根めぐみこども園では、比較的季節にこだわらず土・砂・水を自由に使えるように環境を整えています。目を輝かせて泥まみれになって遊んでいる子どもたちの姿を見ると、洗濯が大変だろうなあと思いながらも、洗濯好きな「洗濯かあちゃん 洗濯とうちゃん」になってくださいね…と園の保育者はいつも思っています。

なぜ子どもたちはこんなに土・砂・水が好きなのでしょうか?

正確には分かりませんが、ほとんどの子どもたちが本能的にそうした遊びを「楽しい、気持ちいい」と感じているようです。
阿久根めぐみこども園では、こうした遊びをとても大切だと考えていますが、それは「子どもが好きだから」という理由だけではありません。こうした自然物は、子どもの身も心も解放し、「本来の自分」を表に出しやすくしてくれます。
こうした遊びを通して、子どもたちはよく笑い、よくしゃべり、ストレスが発散されてすっきりとして、保育室に入り室内の活動に集中する姿がよくあります。
きっと「思いっきり遊んだ」という満足感を得られやすいのでしょう。

戸外遊びのよさ

砂・土・水素材に触れることで

→適度な刺激となり皮膚も鍛えられます。
→雑菌に対する抵抗力が強くなります。

遊びに集中することで

→視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚などの五感が磨かれます。
*五感が刺激される遊びを通して、感性も磨かれるのだと思います。五感だけでなく、体をいっぱい動かして、走ったり登ったり跳んだりすることで、体の調整力も培われます。園庭に山がいくつもあって起伏があるのは、遊ぶなかで平地では培うことのできない体のバランスを筋力などが、自然と身につくようにとの思いがあるからです。

 戸外遊びのよさ
 「人生の知恵は全て幼稚園の砂場で学んだ」 (ロバート・フルガム著)

友だちと協力しあって大きな山を作っていると、「水を流したい」という思いが川のイメージとして広がり、「山に水を通したい」という発想がトンネル作りに発展します。次第に役割分担が生まれたり、一人で難しいことは近くの友だちが手伝ってくれたりします。共通の大きな山を作りたいという思いを共有しつつ、本当にさまざまなやりとりの上に「大きな山」はできあがります。